2016年12月11日日曜日

空飛ぶ円盤つくっちゃいました!米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室

うっすら雪が積もっていよいよ冬本番です。
冬休みを前に、本日は「米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室」を開催しました。


先生は、サイエンスコメディアン・チャーリー西村さん。毎度楽しいキャラクターとびっくりするような実験でおなじみです。
今日の実験は、「空飛ぶ円盤?!~フライングディスクの科学」。お子様から大人まで人気のフライングディスクの飛ぶ秘密を探ってみよう、というのテーマで、午前と午後の2回開催しました。


最初に円盤の発射台、次にディスクを作ります。
子どもたちが苦労したはディスクづくり。空気抵抗を低減するためにディスクの角を取る作業では、慣れないカッターや紙やすりを使って真剣に取り組みました。
最後に発射台に動力装置(輪ゴム)を装着し、装飾(かわいいシール)を施して、作業完了。


そして、いよいよ、お楽しみのゲーム大会!それぞれ自分の作品を手に、会場の空いているスペースに集合し、まずは試射。発射したディスクが曲がったり上に向かったりと、なかなか思い通りにいかなかったのですが、子どもたちなりにセットの仕方を工夫して、みんな上手に飛ばすことができるようになりました。
ゲームでは、先生が準備してくれた壁面の的を狙って、グループごとに発射。的に当たった人はお菓子やでんじろう先生の実験グッズなどをゲット。
…外れた人は残念でしたが、みなさん、屋内で遊んでも安心・安全、今日作ったすてきな空飛ぶ円盤をお持ち帰りいただきました。
フライングディスクを上手に飛ばすには ①ディスクの回転 ②飛ばす強さ ③ディスクの角度、この3つの条件が大切!…これが本日のチャーリー西村先生の教えです。


次回の「米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室」は、春休みの3月25日に開催予定です。次回の実験をお楽しみに~

2016年12月4日日曜日

サイエンスカフェ「TDK歴史みらい館…」を開催しました!

本日午後、TDK歴史みらい館とTDKゲストハウスを会場に、サイエンスカフェ「TDK歴史みらい館リニューアルの魅力」を開催しました。
参加者は15人で、集合後さっそく「歴史ゾーン」から見学開始です。
アテンダントの方の案内で、TDK㈱創業からの歴史とフェライトに始まる技術開発と電子部品・各種製品の進化について展示を見て学びました。

ブラウン管テレビや大きな携帯電話、数々のオーディオ製品やファミコン…そして世界を席巻したカセットテープの数々など、昭和生まれの方々にとって、会社の年表と製品の数々は自分の生活史を振り返っているようでした。


そして「みらいゾーン」へ。同社が創業100年を迎える2035年のまちと身の回りのテクノロジーを体験できる展示の数々を見学しました。


TDK歴史みらい館見学の後は、こちらも新装なったTDKゲストハウスへ移動。窓一面に日本海を望む会場で、お茶を片手にカフェタイムの始まりです。
最初に、本日のゲスト、TDK歴史みらい館館長の嵯峨和夫さんから、特色ある企業博物館として2か月前にリニューアルオープンした同館に対する想いや、展示物の解説などのお話をいただきました。


参加したみなさんからは、同館がテーマとしている磁性に関することや記録メディアの進歩、企業のブランディングに関することなど、いろいろな話題や質問があり、嵯峨館長やほかの参加者と意見が交わされました。
本日の参加者のうち3人の高校生からも発言があり、「実際にTDKの歴史を目で見てもっと技術について勉強する必要を感じた」、「小学校のころから(創業者)斎藤憲三について学んでおり、TDKを地域の誇りに感じている」など、未来に向けて熱い思いを語ってくれました。


今回のイベントに参加いただいたみなさま、そしてご協力いただいたTDK歴史みらい館スタッフのみなさまに感謝申し上げます。
次回の「サイエンスカフェ」も乞うご期待!です。

小春日のサイエンスパーク~12月のイベント紹介です!

本日12月4日は、午前中を中心に冬晴れの一日となりました。
強い日差しと澄んだ青空の下、ふわふわドームには小さな子どもたちの歓声が響いて、たくさんの家族連れが、週末の好天を堪能していました。


さて、12月の主なイベントをご紹介します。事前の申し込みは不要ですので、ご来館の際はぜひご参加ください。


◆かんたん実験工作
12月10日(土)、24日(土)
「キューブパズルをつくろう!」
 時間:①10:00~11:30 ②13:30~15:00
会場:科学館2階 研究工房
参加費:無料(入館者はどなたでも参加できます)


◆冬休み特別企画展
12月17日(土)~1月22日(日)
「ふしぎな光のサイエンス展」
紫外線によるトリックアート、光の三原色を使ったフシギ体験など…見えない光を体験して楽しもう!
※12月17日(土)は、展示にちなんだミニサイエンスショーを午前・午後の2回開催!
会場:科学館2階 多目的ギャラリー
参加費:無料(入館者はどなたでも参加できます)


◆プチ・イベント
12月17日(土)~25日(日)
「X'masイベント」


 子どもたちの発見の種がぎっしりつまった各種イベントで、12月も熱いフェライト子ども科学館へぜひお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

2016年12月3日土曜日

「科学フェスティバル」に出展しました

小春日となった本日、フェライト子ども科学館には大勢のお客様にご来館いただき、感謝申し上げます。

一方で、スタッフの一部は由利本荘市に出向き、「第13回科学フェスティバル」で出前実験工作を行いました。

会場の由利本荘市総合体育館には、由利本荘市内の中学校や県立大学をはじめ、科学や環境に携わる30以上の各種団体がブースを設けました。好天だったこともあり、お客さまの入りも上々で、各ブースから子どもたちの歓声が上がっていました。
フェライト子ども科学館のブースのテーマは「磁石づくりと紙コプター工作」。科学館ではすっかり定番メニューですが、初めての体験という方も多く、大勢の方に楽しんでいただきました。
今回、科学フェスティバルにご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
・・・今回チャンスを逸してしまったみなさん、12月もさらにホットなフェライト子ども科学館へご来館ください。スタッフ一同お待ちいたしております。

いよいよ来週!米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室


先に告知いたしました「米村でんじろうサイエンスプロダクション実験教室」の開催まであと1週間となりました。
参加者を好評募集中ですので、お申し込みがまだの方はお早目にどうぞ!


今回の教室は、サイエンスコメディアン・チャーリー西村先生による「空飛ぶ円盤?!~フライングディスクの科学」です。・・・ディスクが回転しながら進む、その運動の秘密を工作や実験、そして楽しいゲームをとおして発見しましょう。
いつもの工作教室とはひと味違う「科楽(学)」を体験できるチャンスです。ぜひ、お子さん・お孫さんにお声がけのうえご参加ください。
みなさまからのお申し込みをスタッフ一同お待ちいたしております。
◆冬の実験教室
「空飛ぶ円盤?!~フライングディスクの科学」
講師●米村でんじろうサイエンスプロダクション チャーリー西村 先生
    (今回、米村でんじろう先生はいらっしゃいません)
期日●12月11日(日)
時間●午前の部=10:30~12:00  午後の部=14:00~15:30
会場●フェライト子ども科学館 2階 多目的ギャラリー
対象●小学生(1・2年生は保護者の方の同伴をお願いいたします)
参加費●500円
定員●各回25人(定員になり次第締め切ります)
 ※事前にフェライト子ども科学館にお電話(☎0184-32-3150)でお申し込みください。
 ※申し込みの受付時間は、午前9時から午後5時までです。
 ※申し込み時に、参加者の氏名・学校名・学年・連絡先(電話番号)をお伝えください。