2017年9月18日月曜日

全国にチャレンジ!WRO Japan 2017決勝大会に出場しました

8月に行われた「WRO秋田県中央地区大会」小学校・中学校・高校の各部門を勝ち上がった3チームが、9月17日開催「WRO Japan 2017決勝大会」(主催:NPO法人WRO Japan/WRO
 Japan実行委員会)に出場しました。
 この大会は、国際的なロボット競技会World Robot Orympiad世界大会(11月にコスタリカで開催)に向けた国内選抜競技会で、会場のBumB東京スポーツ文化館には全国から125チームが集結しました。

秋田県中央地区からは、レギュラーカテゴリー「エキスパート競技」に
〔高校生部門〕 GENARAL MEN(秋田県立仁賀保高校)
〔中学生部門〕 No name(にかほ市立象潟中学校)
〔小学生部門〕 チーム・スペシャリスト(にかほ市立上浜小学校)
の各チームが出場しました。
競技の結果、全チーム入賞に至らず、大変残念な結果となりました。
各チームは、夏休み中からの約1か月間、決勝大会に向けて練習を重ねてきましたが、結果的に全国のレベルに到達することができませんでした。
出場したみなさんは、全国大会の舞台で多くのことを学んでくれたことでしょう。今回のくやしい思いをバネに、ぜひまた来年の大会に臨んでいただきたいものです。

出場した選手・コーチのみなさんはご苦労様でした。そして、各学校関係者の方々、ご指導に当たっていただいた秋田県立大学の先生・学生の皆様のご協力に感謝申し上げます。

ひみつの小箱~台風第18号…3連休の科学館

本日午前中のにかほ市は、台風第18号の通過に伴う強風が吹いています。
児童遊戯室前の池の水面にはさざ波が立ち、サイエンスパークの木々は南西からの強風にあおられ枝葉を大きく揺らしています。
この強風も午前中がピークのようです。
こんな中でも、フェライト子ども科学館は通常どおり開館しております。
今日は、祝日ということで、かんたん実験工作「プラ板キーホルダーをつくろう!」を実施しています。
入館された方は申し込み不要&無料で参加できますので、ぜひご参加ください!!
時間は午前10時~11時30分、午後1時30分~3時です。

台風縦断により全国的に荒天の3連休となってしまいましたが、初日の9月16日には実験教室「ひみつの小箱をつくろう!」を開催しました。
毎度好評いただいている「小箱」、フェライト磁石を使った工作で、磁石の働き、電流のしくみ、音のしくみなど、ちょっとした科学の要素が詰まっています。
参加者のみなさんには、それぞれお気に入りの「小箱」を持参していただき、学習と工作をしていただきました。
みなさんは作品を完成させ、おうちにお持ち帰りいただきました。自分だけのヒミツとオルゴールのメロディを中に入れて、大切に使ってくださいね。
次回の実験工作教室をお楽しみに!

2017年9月6日水曜日

ようこそ!あきた中央保育園のみなさん

日々秋らしさが増し、いよいよ遠足・行楽シーズン到来です。
フェライト子ども科学館では、保育園・幼稚園の遠足や小・中学校の体験学習など、団体様でのご利用も大歓迎です。

本日お迎えしたのは、秋田市のあきた中央保育園のみなさん。年中さんと年長さんのバス遠足でご来館いただきました。
開催中の特別企画展「アニマルワンダーランド」のコーナーで遊んだり、展示室内を見学したりと、元気いっぱいに科学館を楽しんでいただきました。
年長さんは、「くるりんポン」の工作にもチャレンジ。
輪ゴムパワーで飛び上がった「くるりんポン」を鍋やコップで受け取るゲームで大盛り上がりでした。
お昼ごはんの後は、サイエンスパークのふわふわドームで遊びました。先生といっしょ、秋空に向かってジャーンプ!!
みなさん、フェライト子ども科学館をお楽しみいただけたでしょうか?
またのご来館をスタッフ一同お待ちいたしております。

話題をもうひとつ。
科学館では、昨日から仁賀保高校2年生2人がインターンとして勤務しています。
今日は展示室案内や園児のかんたん工作でスタッフの補助にあたってくれました。
インターンは明日まで。高校生にとって有意義な体験になることを願っています。。。

2017年9月1日金曜日

二百十日

今日から9月。
長いはずだった夏休みも、過ぎてしまえばあっという間、という子どもたちも多いのではないでしょうか。
フェライト子ども科学館は、新学期の子どもたちのますますの活躍を期待し、応援いたします。


天候のぐずつきがちだった8月下旬から一転、今日のにかほ市はさわやかな晴天となりました。
午前中、サイエンスパークには、お隣のにかほ保育園の園児たちが遊びに来て、元気にふわふわドームではずんでいました。

午後には、青い空に巻雲(けんうん)が広がり、上空には強い風が吹いている様子がうかがえます。
暦の上で、今日は「二百十日」。古来、台風が襲来することの多い時期とされています。
現在小笠原諸島付近にいる台風第15号の進路が気になる今週末、備えはしっかりいたしましょう。
…台風の影響が少なければ、ご家族おそろいでフェライト子ども科学館へお越しください。週末はちょっとしたイベントをご用意してみなさまのご来館をお待ちいたしております。

◆かんたん実験工作教室
「見えますカーをつくろう!」
期日●9月2日(土),9日(土)
時間●①10:00~11:30 ②13:30~15:00
対象●当日ご入館の方(ご予約は不要です)
参加費●無料 ※ただし、入館料が必要です

2017年8月21日月曜日

音は楽しい!…大内中学校科学部ミニ・サイエンスショー

8月20日、フェライト子ども科学館の研究工房を会場に、由利本荘市の大内中学校科学部のみなさんによるミニ・サイエンスショー「音の秘密を楽しもう!」を開催しました。
午前と午後、2回のショーにはたくさんのお客様にいらしていただき、満員御礼!でした。
今回のテーマは「音の秘密」ということで、普段の生活で生じる身の回りの音を実験で取り上げました。
トークありダンス(?)ありグラスハープあり、見学の子どもたち参加の合奏もありなど、生徒たちは元気で多彩なパフォーマンスで見学のみなさんを音のフシギの世界に誘ってくれました。
大内中学校科学部のみなさんは、「日本学生科学賞」(読売新聞社主催)の上位入選の常連校で、平成25年度には内閣総理大臣賞を受賞しているほか、サイエンスショーのコンテスト「BoSS(バトル・オブ・サイエンス・ショー)2015」(NPO法人ガリレオ工房主催)では『ビンから出る音の秘密~トクトク音~』で優勝するなど、数々の成果を挙げている地域の名門校です。
生徒のみなさん、今回は夏休み終盤にもかかわらずフェライト子ども科学館で公演していただき、ありがとうございました。また、次の研究の成果を当館で発表いただけるよう、期待しています。